介護福祉士 重要語句解説 うつ病

うつ病(うつびょう)

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥(しょうそう)、精神活動の低下、食欲低下、不眠症などを特徴とする精神疾患である。
(ウィキペディアより)

とあります。

テストでは、上記のうつ病の基礎をしっかり理解しておいたら、十分解ける問題が出ています。

うつ病最近うつ病という言葉自体はよく聞くようになりました。

「心の風邪」とか書いているサイトもありますが、これは殆どんの場合、適切な治療によって治る場合のためで、決して風邪のように楽な疾患という意味ではありません。

症状に寄っては最悪自殺行為まで行う場合も少なくありません。

治療は主に脳内伝達物質(セロトニン)などの分泌を促進する薬物治療を行います。

原因は急激な環境の変化などストレスの増加などによる心の面と、実際に脳に何らかの以上が起きる脳の病気の両方から起こるとされています。

また、男女比では女性のほうが男性の2倍ほどかかる率が高いと言われています。

症状としては

  • 集中力の欠如
  • 自分はなんの価値もないなどの自尊心の低下
  • 出勤登校拒否
  • 記憶力の低下
  • やる気の低下
  • 気分の落ち込み
  • 趣味をしたくなくなったなど興味の喪失
  • 何をしても気分が晴れない

などが代表的な症状です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ