介護福祉士 重要語句解説 アセスメント

アセスメント(assessment)

アセスメントとは、ある事象を客観的に評価することを言う。
(コトバンクより)

「個人の状態像を理解し,必要な支援を考えたり,将来の行動を予測したり,支援の成果を調べること」
(アセスメント:障害のある子どもの教育の広場より)

とあります。

ポイントとしては大きく2つあると思います。
以下2つのことを理解しておきましょう。

  1. 主観(感情など)を入れず客観的な立場から、物事を調べること
    例)利用者さんの今の自立度を、実際に調べて客観的に判断した。
  2. 調べた利用者さんの状況から、必要な支援を考えること。ニーズの解決を考えること。

の2つです。

アセスメントつまり、まず客観的に利用者さんのおかれている状況を調べ、その結果を元に必要な支援を考えることとなります。

似たような言葉に、環境アセスメントがありますが、これも、環境に対しての大規模な開発等の前に、環境への影響を前もって、調査・評価することになります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ