介護福祉士 重要語句解説 インフルエンザ

インフルエンザ

インフルエンザ(ラテン語: influenza)とはインフルエンザウイルスによる急性感染症の一種で流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)、略称・流感(りゅうかん)ともいう。発病すると、高熱、筋肉痛などを伴う風邪の様な症状があらわれる。急性脳症や二次感染により死亡することもある
(ウィキペディアより)

とあります。

試験では特に症状と予防について出ていますので、インフルエンザの症状と予防について説明します。

まず、症状ですが以下のポイントを理解しておきましょう。

  • 潜伏期間が短い。大体1~2日間で症状が出ます。
悪寒

・悪寒

発熱

・発熱

頭痛

・頭痛

  • 全身倦怠感(ぜんしんけんたいかん)
  • 筋肉痛

が主な症状です。

また

・咽頭痛、鼻汁、鼻閉、咳、痰などの気道炎症状を伴います。

鼻水

・鼻水

まれに、
・腹痛、嘔吐、下痢といった胃腸症状も出ます。

風邪によく似ていますが、違いとしては症状が比較的急速に出現し、感染性が強いのが特徴です。

次に、予防法ですが、インフルエンザはウイルスが原因ですので、ウイルス対策を行うことになります。

ウイルス
具体的には、
「ウイルスを身体の中に入れない」
方法と
「入れても、抵抗力でウイルスを死滅させる」
の2つの方法があります。
身体の中に入れない方法としては

 

手あらい

・手あらい

マスク

・マスクの着用

・手で眼や口を触らない

・人混みにできるだけ近づかない

・換気をこまめに行い、部屋の湿度を50~60%に保つ

適度な湿度

・適度な湿度

があります。
次に、身体の中に入れても死滅させる方法としては

・十分な栄養や睡眠をとる

十分な休息

・十分な休息

ことになります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ