介護福祉士 重要語句解説 一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ)

一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ)

一過性脳虚血発作(TIA)とは、脳に行く血液の流れが一過性に悪くなり、運動麻痺、感覚障害などの症状が現れ、24時間以内、多くは数分以内にその症状が完全に消失するものをいいます。脳梗塞(のうこうそく)の前触れとして重要です。
(gooヘルスケアより)

とあります。
一過性脳虚血発作と書くと、よくわからない方も多いのではないでしょうか?
これは長い専門用語を理解する時のポイントなのですが、

長い単語は、短い語句に分解しろ!!

が長い単語はを理解する時のポイントです。

長い単語を理解しようとすると、どうしても難しく感じてしまいますね。
そこで、長い単語は理解しやすい短い語句に区切って理解するのです。

今回の場合

・一過性
・脳虚血
・発作

と3つに分けます。

そうすると、

・一過性
これは、一過性ですので、ずーっと続くのではなく、その都度とか、一時的にという意味ですね。

・脳虚血
これは、「虚血(きょけつ、英: ischemia, ischaemia)は、動脈血量の減少による局所の貧血。」(ウィキペディア)にあるように、脳の血管の血量が一部分減って、貧血になることですね。

・発作
これは説明するまでもなく、一時的に起こる病気の症状ですね。

となります。
これをつなぎあわせれば

一時的に
脳の動脈の一部分の血流が減り貧血になる
一時的な病気の症状

となります。
すんなり頭に入ったのではないでしょか。
つまり、脳にできた血栓(血のかたまり)や急激な血圧の低下で、脳の血管中の血液の流れが一時的に悪くなり、その結果、
感覚障害
運動麻痺
などの症状が現れ、その症状が24時間以内に完全になくなるものになります。

一過性脳虚血発作(いっかせいのうきょけつほっさ)一過性なので、継続的には続かないのがポイントです。
ただ、症状が出なくなったといって、安心してはいけません。

根本的な原因が別にある可能性が高いのと、さらに深刻な症状が出る可能性がありますので、必ず専門のドクターに診てもらいましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ